花粉症のメカニズム

順番が逆になりましたが、花粉症のメカニズムについて書きます。

花粉症のメカニズム
次のようなメカニズムで、花粉症(アレルギー症状)が起こります。
①花粉が目や鼻から入ってきます。
②リンパ球が花粉を侵入者と認識します。
③このリンパ球が抗体(IgE抗体)を作ります。
④このIgE抗体が目や鼻にある肥満細胞にくっつきます。
⑤再び花粉がやってきます。IgE抗体と花粉が結合します。
⑥肥満細胞から、化学物質(ヒスタミンなど)を放出して、花粉を体外に出そうとします。

そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水・涙で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう防御するなどの症状が出てくるのです。
図:花粉症のメカニズム
出典:花粉症ナビ

②③の過程をもう少し詳しく書くと、
マクロファージが異物発見→→ヘルパーT細胞に伝達→→Th2細胞へ変化・活性化(IL-4)→→B細胞の活性化→→IgE抗体産生  となります。
Th2細胞の働き②
出典:イムバランス

指令物質として、「Th2細胞」からは「IL-4(インターロイキン4)」が分泌され、B細胞に抗体を作るよう指示を出します。
免疫バランスが崩れ、Th2細胞が過剰になるとアレルギー症状が起こるのです。
しかし本来、体は、どちらか一方の反応が過剰にならないように、Th1細胞およびTh2細胞から分泌される「IFN-γ」と「IL-4」のサイトカインがお互いの働きを抑制し合うようにも働いています。そうして、Th1細胞とTh2細胞による獲得免疫のバランスは保たれているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です