プラセンタ

動物はなぜ、プラセンタをたべるのか?
プラセンタとは胎盤のこと。(人間を除く)全てのほ乳動物は出産すると本能的に自分の胎盤を食べてしまうそうです。胎盤には出産により低下した体力を速やかに回復させ、胎盤に存在するホルモン分泌促進成分を摂ることで乳腺を刺激して乳汁分泌をさせるという本能をもっている。このような事実から、胎盤には不思議な力が宿ると考えられ古くから医薬品として応用されてきた。

医薬品としての歴史
ヒポクラテス(紀元前400年頃)の時代までさかのぼる。古代エジプトの女王クレオパ トラも若さを保つために愛用したそうです。中国では秦の始皇帝以来、不老長寿の妙薬として用いたといわれ、その後、紫河車という漢方薬名で幅広く活用された。
医薬品・健康食品・化粧品には豚のプラセンタが使われている。また、馬のプラセンタを使用した健康食品・化粧品も開発され始めている。

成分
10数種のアミノ酸をはじめ核酸様物質、各種ビタミン類、ミネラル、酵素、ムコ多糖類などの栄養素が豊富に含まれていることが既に確認されています。
ただ、プラセンタエキスを製造する時に加水分解の程度によって効果が生じることから、ポリペプタイドが効くのではないかとされています。
プラセンタには「健康」のみならず「美容」にもたいへん有効なことが認められている。
肌を美しくしたり、傷んだ肌を修復したり、体を若々しく保ったりする栄養素や、細胞の分裂・増殖を促進させる成長因子(グロスファクター)があると言われています。成長因子は、神経を成長させたり、肝細胞の再生を促したり、皮膚の増殖に係わる因子をはじめ10数種類以上も含まれ、自然治癒力だけではなく、アンチエイジング(抗老化)にも有効に作用すると報告されている。

プラセンタエキス
プラセンタはそのままでは医薬品にも、健康食品にも化粧品にもすることができません。
そこでプラセンタを製品に使用するためにはプラセンタエキスにする必要がある。

安全性
十分な健康管理・衛生管理体制を持っている農場からだけ収集し、特に防疫体制では「家畜伝染病予防法」と「と蓄場法」の検査対象疾病など複数の獣医師による管理を厳格に実施されている。
また、抽出過程の段階で熱による不活化工程を行っているので感染症の心配はなく、品質・安全性は確保されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です