プラセンタ

動物はなぜ、プラセンタをたべるのか?
プラセンタとは胎盤のこと。(人間を除く)全てのほ乳動物は出産すると本能的に自分の胎盤を食べてしまうそうです。胎盤には出産により低下した体力を速やかに回復させ、胎盤に存在するホルモン分泌促進成分を摂ることで乳腺を刺激して乳汁分泌をさせるという本能をもっている。このような事実から、胎盤には不思議な力が宿ると考えられ古くから医薬品として応用されてきた。

医薬品としての歴史
ヒポクラテス(紀元前400年頃)の時代までさかのぼる。古代エジプトの女王クレオパ トラも若さを保つために愛用したそうです。中国では秦の始皇帝以来、不老長寿の妙薬として用いたといわれ、その後、紫河車という漢方薬名で幅広く活用された。
医薬品・健康食品・化粧品には豚のプラセンタが使われている。また、馬のプラセンタを使用した健康食品・化粧品も開発され始めている。

成分
10数種のアミノ酸をはじめ核酸様物質、各種ビタミン類、ミネラル、酵素、ムコ多糖類などの栄養素が豊富に含まれていることが既に確認されています。
ただ、プラセンタエキスを製造する時に加水分解の程度によって効果が生じることから、ポリペプタイドが効くのではないかとされています。
プラセンタには「健康」のみならず「美容」にもたいへん有効なことが認められている。
肌を美しくしたり、傷んだ肌を修復したり、体を若々しく保ったりする栄養素や、細胞の分裂・増殖を促進させる成長因子(グロスファクター)があると言われています。成長因子は、神経を成長させたり、肝細胞の再生を促したり、皮膚の増殖に係わる因子をはじめ10数種類以上も含まれ、自然治癒力だけではなく、アンチエイジング(抗老化)にも有効に作用すると報告されている。

プラセンタエキス
プラセンタはそのままでは医薬品にも、健康食品にも化粧品にもすることができません。
そこでプラセンタを製品に使用するためにはプラセンタエキスにする必要がある。

安全性
十分な健康管理・衛生管理体制を持っている農場からだけ収集し、特に防疫体制では「家畜伝染病予防法」と「と蓄場法」の検査対象疾病など複数の獣医師による管理を厳格に実施されている。
また、抽出過程の段階で熱による不活化工程を行っているので感染症の心配はなく、品質・安全性は確保されている。

保険機能食品等

食品では医薬品のような“薬効表示”は禁止されています。しかし、薬効を期待させる“健康食品”が市場にはたくさん出ています。厚生労働省は保健機能表示や規格基準を設定(2001年4月施行)し、新たな分類を行いました。新しい分類では、保健表示ができる食品を“保健機能食品”とし、政府は効果にお墨付きを与えました。許可されている表示とは、整腸、コレステロール・血圧調節、骨・歯の健康維持、血糖調節、体脂肪調節などやビタミン・ミネラルの栄養効果についてのメッセージで、ガン、高血圧、糖尿病など疾病に効果があるとは表示できません。
(1)特別用途食品:乳児、幼児、妊産婦、病人について、その発育または健康の保持・回復などに使われることが適当な旨を医学的・栄養学的表現で記載し、かつ、用途が限定された食品
(2)特定保健用食品:人の生理学的機能に影響を与える保健機能成分を含む食品で、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えるのに役立つなどの特定の保健用途に使えるこ旨の表示が許可および承認されたもの。
(3)栄養機能食品:ビタミン〈13種〉とミネラル〈5種〉を強化した栄養補強剤
(4)機能性表示食品:事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示し、販売前に安全性および機能性の根拠に関する情報などが、消費者庁長へ届け出られたものを、機能性表示食品という。
(5)その他の食品:いわゆる健康食品、保健表示は不可。

(1)と(2)の効果には科学的裏付けがあるが、(3)にはない。今日、(3)に属する“いわゆる健康食品”が多種多量市場に流通しており、α-リポ酸、コエンザイムQ10、グルコサミン、コラーゲン、アガリクス、イチョウ葉エキス、ローヤルゼリーなどがそれに当たる。これらについては信頼できないもの、医学的な証明が困難なものもあり、効果の有無は将来の研究結果を待つ他ない。現状では評価は消費者の判断にゆだねられている。

「特別用途食品」、「特定保健用食品」、「条件付き特定保健用食品」:消費者庁長官の許可および承認を受けることが必要
「栄養機能食品」、「機能性表示食品」:消費者庁長官の許可は必要ありません。

健康食品と医薬品

1,医食同源(いしょくどうげん)とは、
日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることによって病気を予防し、治療しようとする考え方。 「医食同源」という言葉自体は中国の「薬食同源思想」から着想を得て、近年、日本で造語されたものです。このように古くから食品摂取と健康増進との関連について、関心を持たれてきました。

2,健康食品と医薬品の違い
a,健康食品は、健康な人がとるもので治療の目的には使えない。
それに対して、医薬品は主に病気の人に使い、治療を目的に使用されます。
b,医薬品の場合、何の成分がどれだけ入っているかが、明確となっており、一定の品質のものを製造するための管理基準も明確となっている。
それに対して健康食品は、含有成分が一定とは言えない。表示してある成分がほとんど含まれていない製品もある。
c,医薬品は安全性や有効性の試験がガイドラインに従って実施されており、製品を用いた病気の治療・治癒の効果が確認されている。患者での臨床試験も実施される。
それに対して、健康食品は科学的な安全性・有効性の研究データが少ない。成分情報が製品情報となっており、製品としての安全性・有効性は検証されていない。病者を対象とした安全性も検討されていない。
d,一般医薬品(OTC)は、薬剤師や登録販売者などの専門家の指示・アドバイスで適切に利用できるようになっている。
それに対し健康食品は、消費者の自己判断 (思い込みや勘違いを含む) で利用されることが多い。

医薬品は、製造販売承認申請というのを厚生労働省に対して申請を行って、上記、安全性・有効性の試験等の結果を報告し、その資料に基づき厚生労働省の審査承認されたもののみが、医薬品として販売される。しかも、市販後も、安全性、有効性、品質の面で、厚生労働省から監視を受け、基準に適合していなければ、製造販売承認も取り消される。

セルフメディケーション

 

1.セルフメディケーション推進の狙い。

セルフメディケーションとは「自分の健康に責任を持ち、それを管理することによって、過剰なまでに医療機関を受診してしまうことによる手間と費用を省くことができる。」と、記載されている。

「早い話、医者に行かなくても健康管理によって、または、一般薬によってコントロールできる疾患は医療機関にいかないで治しましょう。」と言うことだ。

今、問題となっている健康保険の危機的状況を打開するための苦肉の策ともとれる。簡単に言えば、3割負担で受けている医療機関での保険料、すなわち7割は政府が保険料から負担していると言うことであるが、少子化によって支払い保険料が減っているため、この7割の負担が政府の重い負担になっていると言うことだ。

その一般薬、健康管理でのセルフメディケーションの推進策としてセルフメディケーション税制ということを始めた。

2,セルフメディケーション税制とは

「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、スイッチOTC医薬品(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができるものです。」とあります。

少々わかりにくいので、平易に書くと、「健康を保つため、あるいは病気の予防しようとする人が、平成29年1月1日以降にスイッチOTC医薬品を購入した時に、その購入費用に対して、所得控除を受けることができる。」と言うことです。

なお、スイッチOTC医薬品とは「病院あるいは医院で、医師の処方箋でのみ使用されていた医薬品を要指導医薬品、一般用医薬品に転用された医薬品」のことです。

3,セルフメディケーション税制のメリット、デメリット

メリットは、病院、医院嫌いな金持ちは、一般薬局でスイッチOTCを買い、病気の進行を食い止めたり、予防を行っていて、それに対する医療控除なので、メリットは出てくる。

デメリットは一般薬として購入すれば、薬価(厚労省が定める公定価格)の数倍の価格となる。しかも、3割負担となるので、約10倍以上の価格差となる。初診料を取られると計算しても、長期に飲む場合は明らかにセルフメディケーションでは、2倍以上の金額となるのは明らかである。要するに、セルフメディケーション税制を使っても、長期投与されている患者にとっては医療用の薬を使った方が安くなるのは明らかである。

それでも、医者に行くのはいやだ、セルフメディケーションで頑張るという人もいるかも・・・・・・・・・・。それはそれで、okです。

ただ、ここで警告したい’!! 高血圧、糖尿病等でとりあえず検査値(血圧・血糖値)を下げなければならない人は、セルフメディケーションに頼るべからず。

セルフメディケーションで治せる病気と、治せない病気があることを十分に注意。ただ、病院では、治せない症状・病気でも、漢方薬・一般薬でコントロールできる場合もある。